【YouTube】再生回数増やす必殺技4(説明欄書き方4つの秘密)

YouTubeで自分の事を世界に発信したくて、動画を撮影してYouTubeにアップしようと思ったけど、動画の説明欄って再生回数を増やすことになるの?

YouTuberが動画の中で「説明欄に書いておきます」って言ってるけど、何も書くことないな。

って思っているYouTube初心者のあなたに、この記事でYouTube動画の説明欄の書き方を解説します。

Sponsored Link

【YouTube】再生回数増やす必殺技4(説明欄書き方3つの秘密)

【YouTube】再生回数増やす必殺技4(説明欄書き方4つの秘密)

タイトルほど重要ではありませんが、説明欄に書いてある文字も検索ワードの対象になるんです。

自由に使ってもいいんですが、この記事通りに正しく利用すると、再生回数を増やすことに繋がります。

それでは解説します。

■説明欄の書き方4つの秘密

説明欄に書くべき項目が次の3つです。

この3つで説明欄をしっかり設定すると、検索で上位に表示されたり、関連動画に表示されやすくなって再生回数を増やすことに繋がります。

  • 1 動画の説明
  • 2 自己紹介
  • 3 HP、ブログ、SNSリンク
  • 4 おすすめ動画リンク

1 動画の説明

先ず、あなたが作った動画の説明とあなたの自己紹介を書きます。

動画のタイトルで内容の説明を行っているんですが、タイトルで表現できなかった事を説明欄に全部書きましょう。

タイトルに入りきらなかった、視聴者に伝えたかった言葉、想いを説明欄に書いておきます。

もちろん、タイトルに沿った記事を書いて、動画の内容に関連する話や出来事でタイトルを補足しておきます。

キチッと書くことによって、検索結果に表示される要素の1つとなる効果もあります。

2 自己紹介

つづいて2つ目は、あなたの自己紹介です。

「自己紹介は恥ずかしいよぉ〜」って思わないで下さい。

自己紹介はYouTubeでは超重要な項目なんですよ。

説明欄にあなたの自己紹介を書くと、視聴者との距離が縮まります。

視聴者にあなた自身の事を知ってもらえれば、あなたのファンになってくれるのが早いですよ。

あなたが特別に有名な人でない限り、視聴者さんはあなたの事を絶対に知りません。

知らない人の動画の内容を信じてもらおうなんて、甘い話はありません。

説明欄のあなたの自己紹介記事で、視聴者にあなた自身に興味を引いてもらって、コメント欄にも入力されて視聴者さんと交流を深められるのが理想ですね。

動画を観に来る企業向けにも、あなたの事を紹介できて、企業からの問い合わせにも繋がることもあります。

3 HP、ブログ、SNSリンク

3つ目は、リンクを貼ると言うことです。

動画を観に来た人に、自分の事を知ってもらうために、ご自分のブログのリンクを書いておくといいです。

インスタやTwitterのリンクなども、あなたの活動を知ってもらうためにも効果的です。

動画と説明欄の自己紹介記事で、あなたの事は伝わりますが、リンク先のサイトで文字や画像も使いながら、視聴者をあなたのファンにしていくことが出来ます。

あなたの動画をSNSでも紹介すれば、再生数アップは間違いないです。

あなたがお仕事で何か物を販売している場合は、動画で商品の事を紹介して説明欄で販売サイトのリンクを書いておけば、動画を観た人へ販売サイトへ訪れて頂くことが出来て効果的です。

これは、絶対に効果があります。

4 おすすめ動画リンク

最後の4つ目はおすすめ動画を紹介するリンクです。

あなたはYouTubeを観ている時、ついつい関連動画をクリックして、他の動画も観て時間を使ったことがありませんか?

関連動画サーフィンしてしまい、気がついたら1時間経ってたなんてことは、ボクは頻繁にあります(笑)

ということは、もしあなたの動画が他の動画の関連動画に、表示されていたとすれば再生回数アップになりますよね?絶対になります。

そうです。

その関連動画に表示させる方法が、自分の動画の説明欄におすすめ動画のリンクを貼ると言うことです。

説明欄におすすめ動画のリンクを貼ると、そのおすすめ動画の関連動画欄に自分の動画が表示されやすくなるんです。

正確に言うと、関連動画として表示される候補になると言うことです。

説明欄の動画リンクをYouTubeが関連動画として認識してくれるんです。

もしかして、人気YouTuberの動画のリンクを説明欄に貼っておくと、あなたの動画が人気YouTuberの関連動画に表示されて、何十万回と再生回数アップするかも!

でも実際は、そう簡単には出来ません。

でも、可能性は「0」ではないです!!

人気YouTuberの動画と関連性がある動画なら良いんですけど、ほとんど関係の無い動画だった場合、万が一人気YouTuberの動画の関連動画として表示されたとしても、だれもクリックしてくれません。

例えば人気YouTuberのスライム風呂の動画に、あなたのスキー動画のリンクを貼っても、スライム風呂の動画を観た人で、スキー動画を観る人は絶対にいませんよね?

そういうことです。

人気YouTuberの関連動画に表示されたけど、クリックされない状態が続くと、関連動画に表示させたけど、誰もクリックして観ないから関連動画じゃないねと言う認識になって、少しずつ関連動画から削除されて行きます。

最終的に関連動画に表示される動画は「選ばれた動画」本当に関連している動画になります。

だから説明欄には、自分の動画に関連性が高い動画リンクをを貼るのが良いです。

▶おすすめ動画を探す方法

たとえば自分の動画の検索キーワードで、検索した検索結果の動画を貼っておくのが有効な手段です。

また、自分の動画のリンクを貼ってもいいです。

でも、あなたの動画自体が面白くなければ、関連動画にあなたの動画が表示されたとしても「面白くないかも」と思われてクリックしてもらえないですね。

リンクを貼るだけでなく、面白い動画を作る事が重要になります。

▶おすすめ動画の例

例えば、「この動画を観たあなたへはこの動画もおすすめです。」と、他の動画5つリンクを貼っておいて、その下に「私の動画もおすすめ(紹介)です!」と5つリンクを書いておきます。

  • ▶この動画を観たあなたへはこの動画もおすすめです。
    • 他動画の題名1
      • リンク1
    • 他動画の題名2
      • リンク2
    • 他動画の題名3
      • リンク3
    • 他動画の題名4
      • リンク4
    • 他動画の題名5
      • リンク5
  • ▶私のおすすめ動画です。
    • 私のおすすめ題名1
      • リンク1
    • 私のおすすめ題名2
      • リンク2
    • 私のおすすめ題名3
      • リンク3
    • 私のおすすめ題名4
      • リンク4
    • 私のおすすめ題名5
      • リンク5

このようにリンクを沢山書いておくと関連動画の候補になる確率も高くなります。

Sponsored Link

まとめ:説明欄書き方4つの秘密

説明欄に入れた方が良い情報を3つ紹介しました。

  • 1,動画の説明
  • 2,自己紹介
  • 3,HP、ブログ、SNSリンク
  • 4,おすすめ動画リンク

以上4つの事を動画説明欄に書いて、視聴者との距離を更に縮めて再生回数を増やしましょう!

最後にYouTubeを始めるために参考になる本をまとめます。

✔YouTube Perfect Guidebook [改訂第4版]

YouTubeを始める初心者向けの本。YouTubeを観たことがあるけど自分のチャンネルの作り方を知りたい、自分のチャンネルをオリジナルに触りたい、スマホでYouTubeを操作したい、こういった事がしたい方は読んでおきましょう。

✔改訂 YouTube 成功の実践法則60

YouTuberを目指していなくても、YouTubeを使って仕事に利用したいとしている方が読むのもOK。映像製作の基本を知ることが出来る入門として手に取ってみるのがオススメです。

✔iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座

iPhoneで動画を撮影してiPhoneのアプリで編集する方法を説明している本。iPhone以外での操作は書いていないので、iPhoneユーザー限定です。iPhoneでYouTubeに挑戦したい人には必見の一冊です。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする