ガンバレルーヤよしこが下垂体腺腫の手術!入院期間は?

ガンバレルーヤよしこが、人間ドックで脳に腫瘍が見つかって、それを切除する手術を行いました。ガンバレルーヤよしこはどんな病気を患ったのでしょうか?

「THE W2018」にもエントリーしていたのですが、今回のガンバレルーヤよしこの入院で辞退することになってしまいました。

「下垂体腺腫」が気になったあなたは必見です。

Sponsored Link

ガンバレルーヤよしこ

出典:topics.smt.docomo.ne.jp/

ガンバレルーヤよしこが患った病気は、「下垂体腺腫」と呼ばれる脳腫瘍の一種でした。

脳腫瘍と聞けば少しビックリしますよね?命に影響がありそうな病名ですもんね。

「下垂体腺腫」の腫瘍は脳の一部である「下垂体」にありました。この腫瘍を放置すると、命にも影響があるそうです。

ガンバレルーヤよしこが患った病気、「下垂体腺腫」について掘り下げてみましょう。

「下垂体腺腫」の原因

ガンバレルーヤよしこに見つかった腫瘍というのは、脳の一部の「下垂体」という所に腫瘍が出来てしまう病気です。

「下垂体腺腫」の原因は、食事等の日常生活が原因ではなく、生活環境の変化が原因が考えられるようです。特に妊娠、分娩、経口避妊薬ホルモン療法等の影響があるのは確かで遺伝的な要素はないようです。

Sponsored Link

「下垂体腺腫」の症状

「下垂体腺腫」が発症すると、原因が2種類の症状があります。

  • ホルモン分泌異常による症状
  • 腫瘍による局所圧迫症状
  • ホルモン分泌異常による症状
  • ホルモン分泌が異常になるための視野障害

又成長ホルモンが異常分泌するため、巨人症、先端巨大症、動悸、体重減少等のホルモンに関わる症状があるようです。

中央の黄色い矢印の部分が下垂体腺腫です。

「下垂体腺腫」の症状

出典:http://www.akita-noken.jp/

「下垂体腺腫」入院期間

脳下垂体に出来た腫瘍を切除する手術は、鼻から腫瘍を切除する手術を行い、3時間程度の手術時間です。

頭部からの切除する手術も行う場合もありますが希です。

手術後、尿崩症や髄液鼻漏などの合併症が無ければ、10〜14日で退院できます。

Sponsored Link

治療が終わって退院したよしこ

退院したよしこ

出典:http://news.livedoor.com/

「下垂体腺腫」の手術を無事に終えて退院したガンバレルーヤのよしこは、2018年12月23日のTV番組に出演しました。

その番組でよしこは、足のサイズが24センチだったのが27センチに大きくなったり、鼻が大きくなりだして、しかもあごも突き出て来たと、「下垂体腺腫」の症状について話しています。

「下垂体腺腫」の手術は3時間の大手術だったようです。大きくなってしまった鼻は元通りになったのですが、突き出てしまったあごは元通りにならいそうです。どうやら気圧の変化も手術後に影響するらしく、飛行機の乗れないそうです。

年末の忙しくなる時期に復帰が、間に合って良かったですね。ガンバレルーヤは2人組のお笑いなので2人で力を合わせて日本のTV会を明るくして欲しいものです。

「下垂体腺腫」まとめ

  • 下垂体腺腫の手術は3時間程度
  • 入院期間は10〜14日

「ガンバレルーヤよしこさんが手術で入院!」のニュースを聞いてびっくりしました。まだお若いのに心配しました。

充分に病気療養して、又楽しいギャグをテレビで見せて欲しいです。

この際にゆっくり病気療養に専念して下さい。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする