【YouTube】再生回数増やす必殺技6|コメント評価ボタンの裏ワザ

YouTubeに動画をアップしたけど、再生回数が増えないんです。コメントと評価ボタンって視聴者さんがやるところじゃないの?

こんな疑問が初心者YouTuberのあなたにはありませんか?

コメントと評価ボタンが、動画の再生回数を増やすのに関係しているって知ってました?

コメントと評価ボタンの重要性を解説しましたので、ご覧下さい!

Sponsored Link

再生回数増やす必殺技6|コメント評価ボタンの裏ワザ

【YouTube】再生回数増やす必殺技6|コメント評価ボタンの裏ワザ

YouTubeのサイトやアプリに視聴者さんが自由に書き込める、コメントと評価ボタンがあります。

このコメントと評価ボタンがあなたの動画の再生回数を増やすために重要な役割というのは、あなたの動画の評価する材料の1つになっていると言うことです。

コメントと評価ボタンの役割

あなたがYouTubeを見ている時にあまり気にしていなかった、コメントと評価ボタンが、結構大事だったりします。

コメントとこの評価ボタンは、動画を発信しているあなたと視聴者さんがで交流するために用意してあります。

あなたの動画を観た視聴者さんが感想をコメント欄に入力してくれます。

「面白かったぁ〜また観たいです!」とか、「役に立ちました!」のように、視聴者さんがあなたに質問を入力することも出来ます。

時々「ちょっと今回イマイチでした(>_<)」みたいな感想もあると思います。

「動画の中の○○って何ですか?」こんな感じで質問を入力することが出来ますよね。

評価ボタンも視聴者さんがgoodボタンと、NGボタンであなたの動画を評価してくれます。

コメント欄と評価ボタンは、動画発信者の あなたと視聴者と唯一交流するためのツールなんです。

実はもう一つ役割があります。

それはYouTube側が、コメント欄と評価ボタンのデータを動画の評価に使っているんです。

「コメントが多い・高評価が多い=視聴者が反応している動画」

Sponsored Link

YouTubeが動画の評価に使っている

まず、知っておいて欲しいのは、コメントが多かったりとか GOODボタンとNGボタンの数が多い動画はYouTube側の評価が良いってことです。

GOOD評価でもNG評価でもいいんですけど、そういうのが多いと、YouTube側は、この動画は視聴者が何か反応して注目されている動画と判断します。

最後まで見終わっただけじゃなくて、見終わった後に評価ボタンを押したり、コメント欄に入力されているってことは、 視聴者が何かアクションを起こしてくれる内容なんだな人気のあって注目されている動画なんだなって、判断しています。

そうなると、この動画は注目されているから、検索結果の上位に表示させようかなとか、関連動画にもちょっと表示させようかなって思ってくれます。

「人気・話題の動画をコメントの数・評価数によっても判断」

そりゃそうなんですよ、YouTubeは動画に掲載する広告が収入の1つになっているから、再生回数の少ない誰も観ない動画よりも、再生回数の多くて人気のある動画を前面に表示させた方が、広告も沢山表示できるからです。

YouTubeはタイトルとか説明欄で、動画の内容についての管理してはいるんですけど、人気がある動画か?注目されてる動画はどれなの?って判断をコメント欄と評価ボタンしているんですよ。

っていう判断は、この例えばコメント欄に入力されているとか、評価ボタンが押されているか?っていうところで、要するに視聴者の注目、関心っていうのを調べている訳なんです。

あなたが動画を撮影してYouTubeにアップロードした動画が、他人が既にアップロードした動画と似た内容であっても、コメント欄と評価ボタンのフォローを完璧に行えば、あなたの動画が他人の動画の、掲載順位を抜くことだって可能になるんです。

視聴者さんが入力したコメントにしっかり全部コメントを返したら、新しい動画が人気の動画を抜くこともあり得るんです。

もちろん評価ボタンもGOODボタンが押されることが理想ですけど。

YouTube側に評価してもらうのは、コメント欄と評価ボタンだけでなくて、 動画をアップロードしてからの反応時間も重要な要素になっています。

つまり、動画をアップロードしてから、コメント欄への入力と評価ボタンが押された反応までの時間です

動画をアップロードしてから短期間のうちに、コメント欄に入力されてしかも評価ボタンもしっかり押して頂ければYouTube側の評価が上がります。

再生回数では測れない、視聴者が注目しているの動画なんだっていうことでYouTube側に評価されたので追い抜くことが出来ます。

Sponsored Link

コメントと評価ボタンの裏ワザ

僕がお勧めしてる方法としては、まず自分の動画をアップロードしたら、自分で高評価ボタンと、自分でコメントを書きましょう、

<裏ワザ!>
あなたがあなたの動画にコメント欄に入力と評価ボタンを押す

自分の動画にコメント欄と評価ボタンを、入力することで視聴者さんが続きやすいです。

あなたが動画を作った責任者として、あなた自身で高評価ボタンを押して、コメントを書いて下さい。

「今回の動画は○○▽○○▽○○▽○○▽な内容です」

「コメント欄で質問受け付けてます。どんどんお願いします!」

こんな感じで、視聴者さんと交流できることを書くんです。

視聴者さんは、やっぱり自分が最初の1人目って恥ずかしいからなりたくないですよね?

「コメントしたいけど、まだ誰も入力していないから恥ずかしいな」「評価ボタンを押したいけど最初に押すのはちょっと・・・」

誰でも一番に行動するのって注目を浴びてしまうから、勇気が必要なんです。

だから、あなたが自分で最初に高評価ボタンをポンと押すてことで、視聴者さんは、高評価ボタン押しているからから私も押そうかなってなりますね。

それから、コメント欄にもあなたが最初に入力して既にコメントが入っていることで、

「あっ!誰かコメント書いてあるから、私もコメント書こう!」

って書いてくれるって事になるんですよね。

視聴者さんに1番目のハードルを作らないのがポイントです。

既にコメントや評価があることで、視聴者さんも行動しやすくなって、さらに悪口コメントも書かれにくくなります。

しかもですね、評価ボタンとかコメント何も書いてないと、性格が悪い人が低評価ボタンを押したりとか、悪口コメントで最初に書いてしまいます。

そんな悪口コメントを書かれてしまうと、他の視聴者さんはコメント欄と評価ボタンを入力しにくくなるんですよ。

「なんか悪口書いてるから、何か書けないな」とか思ったり、低評価ボタンが押してあるってことは何かこの動画あんまよくないのかな?って動画を観る前から間違った印象を与えてしまいます。

あなたの動画のサムネイルを見て、折角いい印象を持ってくれた視聴者さんが悪い方に誘導されちゃうんすね。

これを防ぐためにも、コメント欄と評価ボタンはあなたが一番最初に入力して下さい。

Sponsored Link

まとめ:再生回数増やす方法|コメント評価ボタンの裏ワザ

<裏ワザ!>
あなたがあなたの動画にコメント欄に入力と評価ボタンを押す

動画の再生回数を増やす方法について、コメント欄と評価ボタンの使い方と裏ワザについて解説しました。

動画の再生回数を増やすための方法の1つとして一番最初にコメント入力と評価ボタンのクリックを行って下さい。

最後に視聴者さんからのチャンネル登録数を増やしたり高評価を頂く方法は、たった1つです。

それは、「良い動画」を作るのことです。

YouTubeに動画をアップロードする上で、一番大事な事はやはり、

  • 1 いい動画を作ること
  • 2 悩みを解決する動画
  • 3 人の役に立ついい動画

以上の3つを作ることです。

動画タイトルや説明欄は動画をアップロードしてから何回でも修正できます。

でも動画は1回作ってしまったら、もう後から修正できないんです。

アップロードしてしまった動画って直せないんです。

視聴者さんに正しく反応してもらうってことを大事にして、動画を作っていけば必ず人気は出ます。

再生回数も増やせて、チャンネル登録者数も増やせます。

以上のことがあなたの動画の評価を上げてそして視聴者と交流して、いいYouTuberになるための条件の一つと僕は思います。

最後にYouTubeを始めるために参考になる本をまとめます。

✔YouTube Perfect Guidebook [改訂第4版]

YouTubeを始める初心者向けの本。YouTubeを観たことがあるけど自分のチャンネルの作り方を知りたい、自分のチャンネルをオリジナルに触りたい、スマホでYouTubeを操作したい、こういった事がしたい方は読んでおきましょう。

✔改訂 YouTube 成功の実践法則60

YouTuberを目指していなくても、YouTubeを使って仕事に利用したいとしている方が読むのもOK。映像製作の基本を知ることが出来る入門として手に取ってみるのがオススメです。

✔iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座

iPhoneで動画を撮影してiPhoneのアプリで編集する方法を説明している本。iPhone以外での操作は書いていないので、iPhoneユーザー限定です。iPhoneでYouTubeに挑戦したい人には必見の一冊です。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする