【人生を楽しむ方法】3つ考えるだけで疲れた人生が楽しくなる

自分の人生楽しくない。

疲れた楽しくない人生を送るのは嫌だ!新しい人生に変えたいって考えるけどどうやって変えればいいの?

これから何をすればいいのか分からない。

どうすれば、楽しい人生を送ることができるのか教えてほしいな

と言うあなたに人生を楽しむための考え方を解説します。

追伸では人生のことを考えるための本を紹介していますので、最後まで読んで下さい。

Sponsored Link

【人生を楽しむ方法】3つ考えるだけで疲れた人生が楽しくなる

【人生を楽しむ方法】3つ考えるだけで疲れた人生が楽しくなる

人生を楽しむためには、この3つを考えるだけで変わります。

  • 1,超楽しい仕事を選ぶ
  • 2,あなたが変わる
  • 3,コンフォートゾーンを出る

「人生楽しむため」超楽しい仕事を選ぶ

人生が楽しくないと思う原因は、色々あると思いますが、仕事で疲れていることが一番の理由です。

仕事で疲れないなんてあるの?

と言う意見が聞こえますが、楽しい事をやっていると時間を忘れるでしょ?

今現実の世の中では、めっちゃめっちゃ楽しく働いている人もいます。

そしてとても辛そうに働いている人がいます。

そうなんです。

楽しい事では、人間は疲れないように出来ているんです。

好きでもない仕事をやっているから、「人生つまらない」と思ってしまうわけなんです。

そこで政府が言い出した、 「働き方改革」ってありますよね。

あれ実は 「働き方改革」になっていないんです。

政府が言っていることは前提がずれているんです。

政府が言っているのは

働き方を変えれば、楽しくない人生が楽しくなって幸せになる。

働く時間を減らせば、日本人が楽しく幸せになるって言っているんです。

今までの労働時間を、65%から63%に残業時間を減らして休日を増やそうって政府は言っています。

「働き方改革」65% → 63%

それは違うんです。

本当の働き方改革は、睡眠時間を除いた、起きて活動している時間の65%を働いていた時間とすると、その65%の時間を、

超楽しい〜!仕事楽しい!

ってすることじゃないんですか?

その65%を楽しくするための改革が働き方改革でしょ?

65%から63%に労働時間を減らしても、働いているのが超苦しくて我慢する時間だったら、63%であろうが、50%であろうが、10%であろうが、人生は楽しくならないと、あなたは思いませんか?

だから、労働時間を削っても、休日を2日を3日に増やしても、「働き方改革」は達成できないんです。

本当の「働き方改革」は 65%を楽しくする方法が「働き方改革」です。

「働き方改革」を考える力は政府にはないんです。

じゃあ、誰が65%を楽しくする方法を持っているのですか?

それは「あなた」です。

国のリーダーシップでは、絶対に「働き方改革」は出来ません。

「あなた」が 「私が働き方改革するんだ」と思った瞬間に働き方改革ができるんです。

Sponsored Link

「人生楽しむ」あなたが主役

じゃあ、どうやって自分で「働き方改革」をやるの?ってことですが、

実はあなたの働き方は、影響を受けているんです。

「働き方改革」は、

  • 総理大臣が変わったら「働き方改革」ができるんですか?
  • それとも政党が変わったら働き方が変わるんですか?
  • あなたの会社の社長が変わったら「働き方改革」ができるんですか?

ってことです。

あなたは今、働きながら感じていると思います。

自分の働き方が誰かからの影響を受けているか?ってことです。

「俺の働き方って誰の影響を受けているのか?」

明日から、家を出てから職場に行って「俺の働き方って誰の影響を受けているのか?」これを考えて下さい。

電車で通勤している時、車で通勤している時、会社で掃除している時、書類のコピーを取っている時、パソコンで入力している時、汗水流して外で働いている時、いつも考えて下さい。

あなたが誰の影響を受けているのかと言うと・・・

真実を言います。

「自分の影響です」

あなたが働く理由は自由です。

自分が誰かの役に立ちたいと思って働いてもいいし、稼ぎたいと思ってもいいし、お世話になった人に、恩返しをしたくて働いてもいいし、何の問題もありません。

そんなの最初から自由なんですよ!

働く理由って最初から自由なんですよ!違いますか?

皆さん、最初から選んでるでしょ?

もし上司が「おまえは何のために働いているのか?」と質問されて、
「はい、会社のために働いています」って絶体に言わないでしょ?

上司がパワハラを発動させて「会社のために働け!」と言ったら
あなたは「はぁ〜ん!ふざけるな!絶体に会社のために働かん!」って思うでしょ!

つまり、上司がなんて言おうが、政府がなんて言おうが、あなたが働いている理由は「あなた」が決めているんです。

「そう、あなた自身がきめているんです」

Sponsored Link

「人生楽しむため」あなたが変わる

働く環境は日本では整えられています。

極論をいえば働かなくてもいいんですよ、働かないっていう選択肢もあるんです。

働かないのも選択肢なんです。

そのかわり、働かないのに図々しく、他人よりも豊かな生活をしたいとか言わなければいいだけです。

慎ましやかで質素な生活、自給自足や誰かに頼って生きてけばいいんです。

あなたの周りに稼いでなくて餓死した友達はいますか?

他の国にはいっぱいいるんですけど、日本には餓死した人はいないです。

なぜかと言うと、国が守ってくれているからです。

国の役割は餓死しない程度で守っていてくれます。

どのよういに豊かに生きるのは、全部あなたの責任ですよ。

ちゃんと国民が死なないような仕組みを作ってくれてるんです。

その上で「働き方改革」を考えましょう。

「人生楽しむため」あなたは改革している

実は「あなた」は、毎日、毎時間、毎分、毎秒、いつも、自分の中で働き方改革を起こしています。

テクノロジーが急速に発達した事によって、私たちの選択が自由になっていると言うことを知っている人は、働くのが楽しくて、仕事を選ぶのが楽しくて、この世の中働き放題だ!

なのに、どうして就活で悩むの?どうして働くことに悩むの?

働き放題なのにどうして悩むの?大盛り山盛りになって働き放題なのに「やっぱりいらない!欲しくない」って思うんですか?

今日本人の多くが、そう言っているんです。

どんな仕事でも選べるよっていう社会が、目の前に広がっているのに働きたくないって言っているんですよ。

働くことが辛くて人生が楽しくないって思ったら、働き放題なんで取り放題の中から選べばいいんですよ。

でもあなたの考えは変わらない。

今のあなたの考えを変えるためには、あなた自体が変わらなければなりません。

人間は他人に変えられる事は絶体にありません。断言できます。

じゃあどうやって人間が変われるのかというと、それは自分自身に意思でしか変われません。

他人には自分を変えられる力はありません。

自分が変わると言うことはアウトプットです。

アウトプットする方法にはインプットが重要です。

インプットがあってこそアウトプットができるのです。

じゃあインプットはどうするのかって言うと

私たちは刺激がなければアウトプットしようとしないんです。

刺激を受けるのです。刺激とはインプットです。

インプットなしでは変化を起こそうとしないようになっています。

私たちはインプットとアウトプットが揃っている一貫性があるんです。

刺激がない状態は、現状維持です。

現状維持が一番楽で快適なんです。

人生が辛くて楽しくないって思っているけど、変わりたくないから現状維持で満足させちゃっているんですね。

今あなたの人生を楽しい人生に変えたければ、刺激をインプットするしかないんです。

Sponsored Link

「人生楽しむため」コンフォートゾーンを出る

刺激をインプットするには、別に海外に行って自分探しの旅に行かなくてもいいんです。

例えば日本に住んでいても、とにかく刺激を増やせば変化できます。

いつもとおなじ通勤時間と方法、いつもと同じ職場、いつもと同じ仕事、いつもと同じ帰り道、いつも同じ人との飲み会、いつもと同じ生活習慣では、アウトプットに変化は起きないように一貫性を保ちます。

じゃあどうすればいいのか?

アウトプットだけ変えようと思うからできないんです。

変えるのはインプットです。

インプットを変える方法は、環境を変えます。

インプットを変える方法の例

会う人を変える

住む場所を変える

仕事を変える

「いや、今の環境を変えたくない」って思っても他に方法があります。

簡単なことから変えましょう。

取りあえず「通勤方法を変えて下さい。」

今までの、電車を車や自転車、そして歩きに変えるだけでいいです。

通勤方法が難しいなら、通る道を帰る、一駅手前で降りて歩く色々ありますよ。

それから、いつも同じメンバーで飲みに行かない、違う人と飲みに行く。

それか飲みに行くのをやめるのも刺激の1つです。

とにかく、今までの現状維持を変えるんです。

現状維持が変わればインプットが変わります。

読む本を買えたり読む量をかえたり、新しい勉強会に出掛けたりする。

すると勉強方法が変わるだけじゃなくて、出会う人までセットで変わってきます。

自分の生活パターンを変えれば、絶対に会う人が変わってしまうんです。

現状維持を変えるだけで、一番大きな刺激をいとも簡単にゲット出来ます。

現状維持をコンフォートゾーンって言います。

コンフォートゾーンを抜けると刺激を受けて人生が楽しくなります。

Sponsored Link

まとめ:人生を楽しむ3つの考え方

人生を楽しむためには

  • 1,超楽しい仕事を選ぶ
  • 2,あなたが変わる
  • 3,コンフォートゾーンを出る

この3つの考え方を行って下さい。

すぐにはあなたの人生は変わりませんが、この3つを忘れず常に考えていると気がついたらあなたの人生は楽しくなっています。

Sponsored Link

追伸 人生本おすすめ

最後におすすめ本をまとめましたのでご覧下さい。

LIFE SHIFT

人生寿命100年の人の生き方を学ぶための本。

かなり評判の良かった本なので既に読んでいる人もいると思います。

100年生きるために今までとは異なった生き方が必要になるために助言してくれる本です。

自分の頭で考えよう

人生に起きることをロジカルに考えることを教えてくれる本です。

この本からは、情報を見た時に何を考えて、判断基準に優先順位を決めて効率良く結論を出す方法を詳しく解説しています。

この本を読むと難しく考えていたことも、簡単に結論を出すことができました。

以上の2冊の本が、あなたの人生の参考になると思います。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする