仮面ライダーは俳優出世の道!と歴代監督は仕事師に変身!

昭和の時代から放送されている子供達のヒーロー「仮面ライダー」。

現代の「仮面ライダー」が、若手俳優が人気俳優に出世する登竜門の舞台になっている新たな真実が隠されていました。

「仮面ライダー」シリーズの歴代監督にも出世の秘密を明かします!

では詳しく解説していきましょう!

仮面ライダー 平成 vol.1 仮面ライダークウガ (平成ライダーシリーズMOOK)

出典:Amazon

Sponsored Link

仮面ライダー転換!

CDツイン 昭和仮面ライダー主題歌ベスト

出典:Amazon

昭和46年の「仮面ライダー」から、平成30年の「仮面ライダージオウ」で30代目。

平成に入る頃の時代に「仮面ライダー」の人気が落ちてきた事がありました。現代の少子化の問題に影響を「仮面ライダー」も受けていました。そこで制作側は「仮面ライダー」を10年間も休む決断をしたのでした。昭和から平成に変わったのは、仮面ライダーシリーズ10作目の仮面ライダーブラックRXが放送されていた頃です。

その後、「仮面ライダー」が忘れられた頃、新しい「仮面ライダー」が誕生しました。昭和の時代の「仮面ライダー」と同じく子供だけを対象に「仮面ライダー」を作っていたのでは、少子化の現代では先が見える。子供と一緒に観ている親の世代との、二世代から応援される番組に昭和の「仮面ライダー」とは異なる方向性を進んだ。

以前の「仮面ライダー」は子供達の番組でした。しかし新しい「仮面ライダー」は子供達と、子供と一緒に観ているお母さん達にもターゲットを絞ってきました。

Sponsored Link

見事的中!

【早期購入特典あり】仮面ライダークウガ Blu‐ray BOX 2(オリジナルB2布ポスター付き) [Blu-ray]

出典:Amazon

親世代に受ける若手俳優が出演する番組に変身しました。お母さん達はイケメンが出演しているいるなら、応援してくれることを期待してキャスティングしていました。

昭和の「仮面ライダー」の俳優は年齢が高くアクション演技的なイメージがありましたが、平成の「仮面ライダー」は若々しい爽やかな「仮面ライダー」に変身しています。

平成「仮面ライダー」第一弾の「仮面ライダークウガ」のオダギリジョーが狙いの母親世代の人気を得ただけでなく、独身女性の人気も得ました。

昭和の「仮面ライダー」は改造人間を題材にして、「善」と「悪」の間で悩む孤独な戦士の戦いを描いた硬派なストーリーでしたが、2000年に新しい「仮面ライダーシリーズ」が始まってからは、主人公が戦いに悩んだり、複数の仮面ライダーが一緒に友情を育てたり、昭和の「仮面ライダー」よりもリアルなストーリーを描き、物語も一新して、子供と一緒に観る大人も楽しめられる内容になりました。

初期のストーリーは、仮面ライダー本人も敵のショッカーに改造された、改造人間だったので、仮面ライダー自身も「悪」なのでこの世から消える運命にあると、精神的な描写もある影のあるヒーローっていうイメージの仮面ライダーで私たち子供達は、のめり込んで観ていました。

Sponsored Link

プロダクションも変身!

若手俳優の発掘の番組として定着するのは、若手俳優が主役に起用されてしかも1年間も放送期間があることです。1年も続くのはNHKの大河ドラマしかないです。

各芸能プロダクションが将来を、期待している新人俳優をオーディションに参加させます。

現代の「仮面ライダー」は合成シーンが豊富にあるので、ブルーバックでの演技も求められます。また、変身後に仮面ライダーの衣装を着ていなくて、アフレコで音声を入れます。そこでは、声だけの演技も求められます。

1年間「仮面ライダー」を演じれば若手俳優でも演技の幅が広がっている。芸能プロダクションは若手俳優が鍛えられる一石二鳥です。芸能プロダクションも変身して、力を入れて若手俳優を送り込んでくるようになりました。

「仮面ライダー」出身俳優

★実際に「仮面ライダー」出身者には、今でも活躍中の顔ぶれが並んでいます。

  • オダギリジョー「仮面ライダークウガ」(2000年)
  • 賀集利樹「仮面ライダーアギト」(2001年)
  • 要潤「 仮面ライダーG3」(2001年)
  • 半田健人「仮面ライダー555」(2003年)
  • 細川茂樹「仮面ライダー響鬼」(2005年 )
  • 水嶋ヒロ「仮面ライダーカブト」(2006年)
  • 佐藤健「仮面ライダー電王」(2007年)
  • 瀬戸康史「仮面ライダーキバ」(2008年)
  • 菅田将暉 「仮面ライダーW」(2009年)
  • 福士蒼汰「仮面ライダーフォーゼ」(2011年)

★主演以外でも

  • 「仮面ライダー555」(2003年)で敵キャラに変身する青年を綾野剛
  • 「仮面ライダーカブト」(2006年)ダブル仮面ライダーサソード役を山本裕典が演じる

えっ!この人も「仮面ライダー」に出演してたの?!って思ってしいましたね。スター輩出率が高いです。

子供中心の「仮面ライダー」から親世代、独身女性の人気を得れるようになったのは、ストーリーの一新と、撮影の最先端の技術を惜しみなく使っているし、着ぐるみの質も細かい部分まで作り込んであるので、子どもと一緒に観る大人たちの鑑賞にも耐えられているのだと思います。

関連記事・・・「科捜研の女」歴代初代キャストの真相は?ロタ役変更の噂に直撃!

Sponsored Link

仮面ライダー歴代監督の仕事師ぶり!

平成ライダー20作記念! 「仮面ライダー」2000-2018全史

出典:Amazon

日本中の、子供達と親世代そしてその親世代まで3世代が楽しめる「仮面ライダー」。3世代が夢中になる作品を作った歴代監督の輝かしい仕事ぶりです。

代表的な仮面ライダー歴代監督はこちらの方々。

  • 山田稔
  • 長石多可男
  • 田崎竜太
  • 坂本浩一
  • 石田秀範
  • 鈴村展弘

山田稔

「仮面ライダーシリーズ」では第1作「仮面ライダー」〜第8作「仮面ライダーZX」までの全てのシリーズに関わった唯一の監督です。

ショッカーの怪人が、仮面ライダーのライダーキックを受けた後に、爆発する方法を考え出した監督です。

役者の気持ちを見抜く力があり、役者の先回りをして役者が動きやすく演出するので、俳優からは評判が良かった。

長石多可男

2000年「仮面ライダークウガ」〜2009年「仮面ライダーディケイド」までの9作品を携わった監督です。

「仮面ライダー」の第11話「吸血怪人ゲバコンドル」で脚本も書いている。

「仮面ライダー」に携わった後には、スーパー戦隊シリーズをメインに活動してた。矢沢永吉の大ファンで担当したスーパー戦隊シリーズで矢沢永吉の曲を使用したこともある。

田崎竜太

1987年(昭和62年)仮面ライダーブラックの助監督から「仮面ライダーシリーズ」に参加して、その後スーパー戦隊シリーズをメインに活動していました。

「仮面ライダーシリーズ」には、「仮面ライダーアギト」、「仮面ライダー龍騎」そして「仮面ライダー555」の製作に関わり、その後「仮面ライダーカブト」でサード監督として「仮面ライダーシリーズ」に3年ぶりに復帰しました。

「仮面ライダー電王」から2010年に始まった『仮面ライダーオーズ/OOO』まで5作連続で演出を担当し「仮面ライダー鎧武」にも参加しています。

坂本浩一

アクションスター出身でアメリカ国籍を持つ異色の監督。

アメリカ版スーパー戦隊シリーズの「パワーレンジャー」のアクション監督として製作に加わり、最終的には「パワーレンジャー」製作総指揮に出世した監督。

「パワーレンジャー」の休止中に帰国して「仮面ライダーW」の監督を務めた。その後は「仮面ライダーフォーゼ」の監督を担当した。

石田秀範

「仮面ライダークウガ」が「仮面ライダーシリーズ」初監督作品。「仮面ライダークウガ」以降「仮面ライダードライブ」まで16作品を担当した。終了後はテレビシリーズの演出からは離れている。

現在はネット作品の「仮面ライダーアマゾンズ」を始めとするオリジナルビデオと映画を中心に、「仮面ライダーシリーズ」関連の作品の演出を行っている。

照明や効果音等の音関係に独創的な演出を用いる監督。

「仮面ライダー555」で役者デビューした綾野剛はインタビューで石田監督を恩人として語っている。それは、綾野剛の初シーンで23回の撮り直しをしたこと。これがきっかけで役者として生きていくと決心した。

一方、「仮面ライダーカブト」の水嶋ヒロは「石田監督は親父のような存在」だと慕っている。

歴代の監督達も子供向けのドラマとしてではなく、「仮面ライダーシリーズ」に情熱を注ぎ、良い物を作りあげると言う様子が伝わってきました。

鈴村展弘

「仮面ライダークウガ」でチーフ助監督に抜擢されたのが「仮面ライダーシリーズ」初参加。

また、同作品で監督デビューも果たした後、「仮面ライダーアギト」〜「仮面ライダーカブト」までの6作品と「仮面ライダードライブ」「仮面ライダーライダーゴースト」でも助監督兼任の監督として、「平成仮面ライダーシリーズ」を支えた監督。

Sponsored Link

仮面ライダーまとめっ!

  • 「仮面ライダーシリーズ」は若手俳優の出世する登竜門となっていた!
  • 「仮面ライダーシリーズ」は歴代監督が才能を発揮していた!

「仮面ライダーシリーズ」が、スタートした当時は硬派な俳優が演技して、敷居が高い作品でしたが、現代の「仮面ライダーシリーズ」は若手俳優が活躍し親しみやすい「仮面ライダー」になっていました。

あなたも「仮面ライダーシリーズ」をジャンプ台にして、大活躍している俳優が多いことが分かって、来週からの「仮面ライダーシリーズ」に出演している若手俳優が観たくなりませんか?

また、表舞台の裏側では、歴代の監督たちの才能が「仮面ライダーシリーズ」を面白く盛り上げている事も分かりました。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする