隠れキリシタンオペラのイベントのスタッフ

隠れキリシタンオペラのイベントのスタッフ

私の知人にキリスト教信者の方がいます。
その方から手伝って欲しいと、頼まれて写真展のイベントを手伝いました。

イベントは「オペラ 忘れられた少年 天正遣欧少年使節」が開催されている、国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟小ホールの入口前で、写真展ブースを設営する事でした。

Sponsored Link

隠れキリシタンオペラのイベントのスタッフ

国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟小ホールで開催されたオペラは、日本とポーランドの国交樹立100周年記念で、天正遣欧少年使節が成果を上げた、日本とヨーロッパの初めての国際交流と少年使節の人生をテーマにしたオペラです。(ウィキペディア

設営した写真展ブースは、江戸時代の隠れキリシタンの聖地と言われた、長崎県平戸市にある、中江の島の現在の状況と聖水の展示しました。

▼中江ノ島は長崎県の北にある小さな島です。

写真展イベントのスタッフなんて、生まれて初めて行うことになって少々戸惑いがあったのは事実です。

頼まれた事は次の4点でした。

  1. 展示する写真の作成
  2. 展示イメージに合わせた資材の購入
  3. 準備した資材を名古屋から東京までの運搬
  4. 現地での設営と撤収

写真展イベントのスタッフの打診があったのは、開催日の9日前でラインで一報がありました。

詳しい打合せはラインで一報があった4日後の開催日の1週間前でした。

国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟小ホールでの写真展の開催日は、お盆休みに入ったばかりの8月12日です。

▼国立オリンピック記念青少年総合センターはここです。

写真パネルはインターネットで、入稿すれば早くて翌日、遅くても翌々日に配達してくれるサービス(大判マスター)にお願いしました。

詳しくはこちらをクリック>>大判印刷の激安通販ショップ「大判マスター

展示する写真パネルはB0〜A2までのサイズで合計で25枚です。

試用した写真のサイズは4種類でした。

  • B0 103.0cm×145.6cm
  • B2 51.5cm×72.8cm
  • A1 59.4cm×84.1cm
  • A2 42.0cm×59.4cm

大判マスターへの発注がお盆休み近くで、運送会社も繁忙時期を迎え個人宅には、約束の時間に届けることが難しいとの事でした。

ボクも他に布などの資材の調達に、外出することが多くて自宅で写真パネルの到着を待つことが難しいかったのです。

そこで無い知恵を絞って考えた結果!運送会社の営業所止めで発送を頼みました。

営業所留めであれば営業所の営業時間内にボクが引き取りに行くことにしました。

そこで問題が発生!

B0サイズは縦1.45m×横1.03mととても大きなサイズです。
梱包されたままでは、私の車の荷室サイズをオーバーしており車に乗せられないです。
そこで梱包をほどいて四苦八苦しながらようやく乗せることが出来ました。

ブースは、一般的なパーティションを組み立てる構造なので、展示イメージには似合っていません。そこで布を張ってパーティションを隠す事になりました。
大塚屋スタッフさんが頼りになる!

布は合計で50m!の布を揃えました。布だけで約14万円でした。

布は地元では超有名な大塚屋車道本店で揃えることが出来ました。

さすが大塚屋!

nuno2 nuno3 nuno4 nuno5 nuno1

大塚屋のスタッフさんには頭が下がりました。

欲しい布が欲しい量が足りなかった時、スタッフさんは他支店に電話で問い合わせ手くれました。
又、似ている布が他のフロアにもあるとこも教えてくれました。

大塚屋のスタッフさんは先回りして、客である私が行って欲しいことを積極的に進めてくれたので、欲しかった布を無駄な時間を使うこと無く、全て揃えることが出来ました。

他にはA1B2のフレームはAmazonで購入しました。

いよいよ東京へ出発!

全ての資材が、東京へ向けて出発する8時間前に揃えることが出来て、一安心でした。

綱渡りの1週間でした。

深夜12時に、東京へ向けて自家用車で出発です。

当初、資材は宅急便で送り、私は新幹線で東京へ行く計画でした。
しかし、お盆休みの真っ只中なので、宅急便も予定通り配達する事が困難、資材一式が宅急便の集荷リミットまでに揃えられない事や、イベント終了後の資材一式の保管方法が無いことが理由で、誰のスケジュールに左右されず自由に行動できる、自家用車で資材一式を運ぶことが一番の方法でした。

nimotsu

私は1人の運転で、東京へのドライブは初体験なので未知の世界でした。

結局、東京へは休憩時間を除けば4時間程の道のりでした。

「なーんだ!」4時間の運転は私自身全く問題ない距離です。
「東京」って聞いて少しビビっていたのでした。

深夜の移動なので居眠り運転が心配です。念のために高速道路サービスエリアで4時間も仮眠を取る予定でした。

移動日の前日は4時間位仮眠を取っていたのが幸いして居眠り運転になる事がなかったです。

suruga

念のために駿河サービスエリアで2時間仮眠して、海老名サービスエリアでゆっくり朝食を取ることが出来ました。

朝食はフレンチトースト(1個サービス)です。

フレンチトースト

分厚いベーコンとバターの香りがいいフレンチトーストです。

お盆休み真っ只中の、月11日から12日の東名高速では渋滞がなく、首都高に入ってから渋滞があっただけで、順調にドライブできました。

イベントブースは素人が作成した割には雰囲気が出てとっても良いブースになったと思います。

booth booth1

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする