クリスマスローズ6つのポイント!種類と鉢植えの植え替え時期は?

クリスマスの新しい定番、クリスマスローズが新しい人気です。

この記事では、クリスマスローズの種類や育て方を紹介しています。

クリスマスローズはガーデニング初心者が鉢植えでも育てやすく、花の色や種類の個性を楽しむ事が出来る花です。

この記事を読むと、今年だけでなく来年も、鉢植えのクリスマスローズを咲かせることができるでしょう。

Sponsored Link

人気のクリスマスローズの種類

先ず、クリスマスローズの種類から。

クリスマスローズの種類は花びらの形で分類されます。大きく分けて3種類の形があります。

  • 1) シングル(一重)
  • 2) ダブル(二重以上)
  • 3) セミダブル(アネモネ咲)

1)シングル(一重)

花弁が5枚で写真のような花をシングルと呼びます。クリスマスローズの原種のニゲルに一番近い種類です。

2)ダブル(二重以上)

花弁が複数に重なりあっている花をダブルと呼びます。花びらが幾重にも重なってとても優雅な気分になります。

3)セミダブル(半八重)

シングルの花の清楚さとダブルの豪華さの両方を持って、ダブルとは異なる豪華さがあります。

3種類の中でもシングルが育てやすいので、初心者に人気のクリスマスローズです。

Sponsored Link

鉢植えのクリスマスローズ育てる6つのポイント

植え替えが、鉢植えのクリスマスローズを育てる大きなポイントです。

クリスマスローズは多年草です。何年も花を咲かせ続けたいですよね。鉢植えで育てる場合、鉢の狭いスペースで育るとクリスマスローズは他の花よりも、成長が早いので根詰まりを起こして枯れてしまうが多いです。

根の大きさに合わせて鉢を大きくする作業が必要です。毎年、美しいクリスマスローズを楽しむために定期的な植え替えを試して下さい。

鉢植えの植え替え方法

■1 植え替え時期

鉢植えのクリスマスローズの植え替え時期は、クリスマスローズが教えてくれます。

  1. 鉢の底から根が出ている。
  2. 鉢が全体的に小さく見える
  3. 新芽が小さい、葉が黄色く枯れる
  4. 水やりの時に鉢の底から水が出るのが遅い

鉢植えのクリスマスローズを観察すると上の、1〜4までの1つでも当てはまれば植え替え時期のサインです。

1年の中では10月〜3月頃がクリスマスローズの植え替え時期です。うっかり時期を逃してしまうと、成長が早いクリスマスローズは根詰まりを起こしてしまい、元気がなくなるので注意しましょう。

■2 鉢

クリスマスローズは成長が早いので、植え替える鉢は2サイズ大きな鉢を用意します。

<鉢の材質>
プラスチック鉢は鉢側面からの空気の流通・水分の蒸散はゼロの為、用土の質に気を付ける点が多いためクリスマスローズ初心者には不向きです。

素焼きの鉢は水を吸いやすいため用土が非常に乾きやすいのでクリスマスローズの栽培には不向き。

駄温鉢は、鉢の上部に上薬を塗って焼かれているので色が着いています。素焼き鉢よりも高温で焼かれているため壊れにくいです。又鉢底に大きな穴が空いているので、通気性に富んでいるためクリスマスローズの栽培に向いている鉢です。

お値打ちな価格なので、安心して購入できますね。

  • 4号鉢・・・約180円
  • 5号鉢・・・約200円
  • 6号鉢・・・約300円
  • 7号鉢・・・約450円

■3 土

鉢植えのクリスマスローズは水はけの良い土を用意します。クリスマスローズ専用の土が市販されているのでとても便利です。

クリスマスローズ用の土は1袋で12ℓ入っており、植木鉢のサイズの分量は以下のようになります。(根と底石の分は除いて下さい)

  • 4号鉢・・・約20個分
  • 5号鉢・・・約12個分
  • 6号鉢・・・約5個分
  • 7号鉢・・・約3個分

クリスマスローズの成長は芽だけでなく、根もすぐに伸びてしまいます。植え替えの時に絡み合った根を解きましょう。

そして黒く腐って痛んでいるハサミで切ります。そして根に着いている古い土もフォークやドライバーを使って綺麗に落とします。

■5 花と葉の処理

クリスマスローズの負担を軽くするために、花の色が薄くなったら、花を摘みます。そして、古くなった葉も切り落とすことで、新しく出てきた新芽や根元に日光を充分に届ける事が出来ます。

■6 水やり

クリスマスローズは乾燥に強いため、水のやり過ぎには注意が必要ですが、植え替えの時には鉢の下から水が出てくる程度に水やりを行います。植え替え後には、土の表面が乾燥を目安にして水やりを行います。

Sponsored Link

まとめ

クリスマスローズは花が少ないクリスマスの頃に花の最盛期になって、花を楽しむことが出来るので、ガーデニングや贈り物としてもとても人気の花です。

●クリスマスローズの種類は3種類。初心者はシングルを育てるのがお勧めです。

  1. シングル
  2. ダブル
  3. セミダブル

鉢植えのクリスマスローズの植え替え方法のポイントは6つです。この6つを行って来年のクリスマスもクリスマスローズの綺麗な花を咲かせましょう。

  • 1)植え替え時期
    • 植え替えの時期はクリスマスローズの状態をよく観察すればクリスマスローズ自身が教えてくれる。
  • 2)鉢
    • クリスマスローズは発育は早いので2サイズアップの鉢を用意する。
  • 3)土
    • 土はクリスマスローズ専用の土を購入する。
  • 4)根の処理
    • 根をほぐさずに固まった状態で植え替えると、新しい根が伸びにくくなりクリスマスローズ全体の成長が遅れてしまいます。
  • 5)花と葉の処理
    • 古くなった花と葉は切り落とす。
  • 6)水やり
    • 植え替えた時にはたっぷりと水やりを行います。

花のない季節に花を咲かして楽しませてくれるクリスマスローズ。植え替え時期を守って、来年も綺麗な花を楽しみましょう!

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする